Fukushima Fragments

- Japan, 2011-2014 -

....“Those who fail to learn from history are doomed to repeat it.”      Winston Churchill

Little by little, I began collecting fragments from the Fukushima disaster.

I photographed moments that said something to me, especially moments that would not disappear in mere seconds. They were scenes that would linger in time, just like the radiation that lingered in Fukushima. I was collecting the fragments of people, ruins, landscapes, little odd scenes, and beautiful moments that existed within the devastation.

“How will people in the future who will see these photographs react and comprehend this disaster?”

I strolled around Fukushima with that question in mind.

It has been more than four years since the explosion of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. People continue living in the region without seeing much amelioration. I have no idea what will happen next.

The only thing I can do is to leave these pictures for the future generations, so that they can learn from history, as well as for them to come to terms with what this disaster truly means.

..

「人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでないということだ」ウィンストン・チャーチル

僕は福島で「かけら集め」を始めた。今まで使ったこともなかった大判カメラを担ぎ、自分の心に触れる時間を切り取っていった。すぐに消えることのない放射能、それと同じように、すぐに消えないシーン(=時間)と向き合った。人、物、少し変わった風景、今も残る奇妙な風景、 美しい瞬間、そして惨状。自ら用意した箱に、かけらを集めていった。

「箱がいっぱいになった時、それらと出会うことになる人たちは、この出来事をどのように理解するのだろう。」

そんなことを考えながら、僕は福島をさまよった。

すでに震災から4年以上が経過した。状況は中々変わらず、人々は粛々と生活を続けている。僕が唯一できることは、撮りためた写真を後世に残そうとすることだと思う。この災害が自分たちにとってどんな意味を持つのかを考えるために。そして、次の世代の人達が、この災害がいったい何であったのかを理解し、過去を振り返ることのできる道具を作るために。....