....Exhibition "Rhapsody in the dark" in Saint-Brieuc..展覧会『Rhapsody in the dark』| フランス・サン=ブリユー.... / by Kosuke Okahara

DSCN0890.JPG

....The latest exhibition "Rhapsody in the dark" is now open at Festival Photoreporter as a part of the collective project "Unrest" in Saint-Brieuc France. Thanks to the Festival Photoreporter and Maps agency for the kind invitation to this project. 

The installation is in a small cube with more than 150 photos and 60 contacts sheets.

The wall has no blanks space, and on the floor is a projection of the sea surrounding Okinawa in order to create the space without way out, which is actually what Okinawa is. Violence has always been seen in Okinawa in different forms. Now I am throwing this violence onto the audience in an enclosed space in order to force them to experience such lives. We can talk about Okinawa from a distance, but real life is where people are tangled in its harsh reality and history.

The exhibition is there until November 5th, 2017. Please stop by Le Carré Rosengart in Saint-Brieuc if you have a chance.

..

沖縄のプロジェクトの写真展 "Rhapsody in the dark"  が、10月7日よりフランス・サン=ブリユーで行われている写真祭 Festival Photoreporter で始まりました。

この写真展は3.6メートル四方のキューブを、150枚以上の写真と60枚のコンタクトシート(ベタ焼き)を使って埋め尽くし、床には海中で撮影した薄暗い海の映像を流しています。

海に囲まれた島であると同時に、色々なことで縛られている島の状況と不安定さを表現するとともに、沖縄での撮影で体験した濃密さを、写真展の来場者にも追体験してもらえないかと思い、このようなインスタレーションをデザインしました。この写真展には基地もデモも写っていません。コザという街で出会った人たちと過ごした時間を収めた写真たちを展示しています。

写真展は11月5日まで開催されています。機会がありましたら、是非お立ち寄り下さい。....