Interview on RFI by Kosuke Okahara

VTySt9uU.png

....My interview on the current exhibition "Rhapsody in the dark" is on Radio France International's Atelier des Media.

It's all written in French. Maybe online translation can be a help for those who don't read French.

Atelier des Medias 

..

10月7日より始まった写真展「Rhapsody in the dark」について、フランス国営ラジオからインタビューを受けました。全てフランス語で書かれていますが、ご興味のある方は以下のリンクよりご覧下さい。

Atelier des Medias....

Exhibition "Rhapsody in the dark" in Saint-Brieuc by Kosuke Okahara

DSCN0890.JPG

....The latest exhibition "Rhapsody in the dark" is now open at Festival Photoreporter as a part of the collective project "Unrest" in Saint-Brieuc France. Thanks to the Festival Photoreporter and Maps agency for the kind invitation to this project. 

The installation is in a small cube with more than 150 photos and 60 contacts sheets.

The wall has no blanks space, and on the floor is a projection of the sea surrounding Okinawa in order to create the space without way out, which is actually what Okinawa is. Violence has always been seen in Okinawa in different forms. Now I am throwing this violence onto the audience in an enclosed space in order to force them to experience such lives. We can talk about Okinawa from a distance, but real life is where people are tangled in its harsh reality and history.

The exhibition is there until November 5th, 2017. Please stop by Le Carré Rosengart in Saint-Brieuc if you have a chance.

..

沖縄のプロジェクトの写真展 "Rhapsody in the dark"  が、10月7日よりフランス・サン=ブリユーで行われている写真祭 Festival Photoreporter で始まりました。

この写真展は3.6メートル四方のキューブを、150枚以上の写真と60枚のコンタクトシート(ベタ焼き)を使って埋め尽くし、床には海中で撮影した薄暗い海の映像を流しています。

海に囲まれた島であると同時に、色々なことで縛られている島の状況と不安定さを表現するとともに、沖縄での撮影で体験した濃密さを、写真展の来場者にも追体験してもらえないかと思い、このようなインスタレーションをデザインしました。この写真展には基地もデモも写っていません。コザという街で出会った人たちと過ごした時間を収めた写真たちを展示しています。

写真展は11月5日まで開催されています。機会がありましたら、是非お立ち寄り下さい。....

 

Artists' books exhibition opening in Munich by Kosuke Okahara

bsb_showcase_004.JPG

....Attended the opening of the exhibition on Art Books at Bavarian State Library / Bayerische Staatsbibliothek in Munich.

Vanishing Existence (scroll one) is a part of this show as it is a part of their collection. it's quite amazing to see the book I made next to Picasso... 

The exhibition continues until Janaury 2018. Please visit if you happen to be in Munich. Putting myself aside, it's an amazing collection of Art books, not only photography but the works of historical artists.

Big thanks to Beatrice Hernad, the curator of the libarary and the show and her colleagues !

..

バイエルン州立図書館で、これまでに図書館が収集してきた貴重なアーティストブックのコレクションの展覧会が始まりました。ピカソやヘーリング、ウォーホールなどと共に、消逝的世界-特別版-も展示されています。

この展覧会のために、バイエルン州立図書館のコレクションとして収蔵されました。

自分の作品がピカソとヘーリングに挟まれて展示されているなんて光栄です。

実際にとても貴重なコレクションが一同に展示されています。2018年の1月まで展覧会は続いていますので、ご興味のある方は是非ミュンヘンまで足を伸ばして見て下さい。....

Ibasyo book journey project on NY Times lens blog by Kosuke Okahara

Screen Shot 2017-10-21 at 18.43.43.png

...."Ibasyo" one of my long-term photographic and book project, is featured on New York Times - Lens blog. 

NY Times article about "Ibasyo" book journey project on Lens Blog

> following is the explanation of this book journey project.

Ibasyo Project

The Ibasyo project is a photographic project that documents the lives of six young Japanese girls who suffer from self-harm. In Japanese, ibasyo refers to the physical and emotional space where one can exist.

Domestic violence, rape, and bullying are some of the reasons behind self-harm. For better or for worse, the “culture of shame”, inherent in Japanese society, has prevented these stories from being told. Domestic violence seems to be prevalent in many families and rape is quite commonplace, yet self-harm victims choose to remain silent. Deep emotional wounds have robbed these girls of their self-esteem. Faced with depression and panic attack disorders, they are unable to live a normal existence. They cannot appreciate their own value, and therefore, believe they are worthless. For these girls, harming themselves is a form of self-punishment for perceived notions of worthlessness, while also easing their anxiety and stress. And so, such destructive behavior has become the way for these girls to reaffirm their own existence. However, when they see their scars, the girls despise themselves more for what they have done. Like the Möbius strip, the cycle is endless. The girls have found it difficult to feel their ibasyo. While the girls don’t justify their acts, the existence of self-harm reflects one of the darker side of Japan’s modern society.

Book Journey Project

For years, I have been trying to publish Ibasyo as a book, but I did not quite succeed. Eventually, I began to rethink and reflect on the original aims I had for this project.

The first aim was to tell the story of these girls. I hope that their stories can serve as a window into the world of those who suffer from self-harm. Also all of the girls I photographed told me that they want to see themselves through someone else’s eyes. It can help them reevaluate themselves. Before they told me that, I could not have imagined that the pictures I took might be of any help.

While I was photographing the girls, I realized that all of them faced the same challenge of not being able to develop their self-esteem. This is due to the trauma that they experienced at various points of their lives. But, if the girls know that other people out there in the world care about them and their stories, then maybe this could be a small step for them to re-develop their self-esteem. In a way, this might sound a little patronizing, but I want the girls to feel that they are important. This is the second aim of the Ibasyo project.

Although both aims are important to me, I now believe that it is not enough to just publish Ibasyo into a book and distribute it. I feel that above all else, to help the girls I photographed should be of first and foremost importance.

As a photographer, I believe that keeping people informed is important. Through my photography, I try my best to commit myself to accomplish this task. However, another part of me, the ordinary person part of me, cannot disagree with what people often say about photographers: that we are making a living on someone else’s grief. I know that I am not as idealistic a person as I was when I first began taking photographs. However, I still want to see what I can do for the people that I photographed. This is why I made this book.

– What I want to do –
I have made six copies of this book. What you will have in your hands is one of the six books. The second half of the books are blank pages. I kindly ask you to write anything you feel. It can be just a thought about the pictures, or a message to the girls, or anything you wish to write down. Even a very short text is fine. I appreciate your kindness.

After letting the books float around for a certain amount of time, I want to bring these six books back to the six girls I photographed, so that they can see there are people out there who recognizes their existence.

– Tangibility –
Since the books will travel around and many different hands will hold and flip through the books, there will most certainly be signs of wear. I think these traces are tangible evidences that people recognizes the story and existence of these girls. The important thing is that, when the girls receive their books, they can then actually touch and feel the traces that viewer of the books have left behind.

..

ニューヨーク・タイムズの写真専門サイト『レンズブログ』で、Ibasyo プロジェクトについて取り上げて頂いています。

ニューヨーク・タイムズ・レンズブログ (英語)

Ibasyo と貸本のプロジェクトについては、以下をご覧下さい。


これは、自傷行為をしてしまう女の子たちの日常を追ったドキュメンタリー写真のプロジェクトです。

Ibasyo / Book journey project.

2004年〜2008年まで主に撮影を続け、その後も少しずつですが、撮影を続けています。

米タイム誌オンライン版
 

『エピローグ』

夜12時を少し過ぎた頃、いつものように携帯電話が鳴った。 「また切っちゃった…。でも大丈夫だよ…」

大丈夫に聞こえないさゆりの声が電話口から聞こえてきた。 「あたしなぁ、レイプされたんよ…。それから自分の価値とか感じられないようになってなぁ…。自分のこと大切にしなさいって色んな人に何度も言われたけど、こんな汚い自分のこと大切にって言われても、どうしたらいいのか分からん のよ」
生気の抜けた声が泣き声に変わる。少したってまた

「ごめんね、大丈夫だよ…。明日も仕事がんばるよ…」

貧困、レイプ、いじめ、家庭内暴力。自傷行為の裏にあるもの。それらは今まで聞いたことはあっても、実際に近くに 感じたことのないものだった。 日本に存在する「恥の文化」が良い意味でも悪い意味でも、それらが表に出ることを防いできた。東京から1時間 のところに貧困は存在し、借金取りが毎日やってくる生活があった。レイプは僕が卒業した大学内でも起きていた。

深い心の傷は彼女らの自尊心を奪ってしまった。うつやパニック障害のためまともに働くことができない状態に、自らの価値を認識できず、自分は役に立たない存在と思いこんでしまう。その結果の自傷行為。 「価値がない(と思い込んでいる)自分」を傷つけることで、自らの存在を肯定しようとする。しかし、その傷を見ては「してはいけないことをしてしまった」と自己嫌悪に陥る悪循環。そんな彼女たちの生活は苦痛に満ちている。

彼女らは自らの行為を正当化しようとは思っていない。ただ彼女たちの存在は、日本が抱えている現代社会の陰の一 端を示している。

「自分のことを大切にするってどういうことなのかな…。誰か教えてくれないかな…」 

そう言ってさゆりは電話を切った。

旅する写真集プロジェクト

ドキュメンタリー写真やフォトジャーナリズムと言われる分野の写真は、往々にして「じゃぁ被写体に何かいいことあったの?」という疑問がついて回ります。また、人の不幸で飯を食っているという議論も昔からあります。

写真で被写体に何かできるのか。いくら理想をもって活動していても、簡単なことではありません。情報を広めるということが第一の目的であり、誰かに手を差し伸べることは写真の役目とは言えないかもしれません。ただ、同僚も含め、常にこの疑問が頭のどこかにあるのがドキュメンタリー写真家やフォトジャーナリストと呼ばれる人たちなのだとも思います(もちろんそうじゃない人もいると思いますが…。)

被写体に何ができるかという目的を達成するために、どういった方法で作品を情報の波の中で広めていくか。これをプロジェクトを通してやってみようと思い、2012年頃から準備を進めてきたのが、

Ibasyo Book journey Project です。

2010年以来、このストーリーの写真集を出版しようと思い、日本・欧米含めて色々と出版社を訪ね歩きましたが、心ある編集者に出会っても社長からOKが出なかったり、「こういう題材は売れないから」という理由で断られ続けました。自費出版しても本は売れますし、そのための費用も貯めてはいましたが、時間が経つにつれ、ただ出版して写真集を売るという行為に、このストーリーを撮影している写真家として、必然性が見いだせなくなってきていました。

そんな時、撮影していた当時に彼女たちが言ってくれた言葉を思い出しました。

「撮られた写真を見ることで、自分自身を見つめなおしたい」

撮影を始めた当初は、いつものように写真を広めることを頭の中に思い描いていましたが、彼女たちの言葉は、このプロジェクトにもう一つの目的を与えてくれました。

被写体となってくれた人たちに直接何かできるプロジェクトになる可能性ががあるのではないか。

撮影を進めていくと、彼女たちが子どもの時、または大人になってから遭ったトラウマが、彼女たちの自尊心を大きく傷つけたことを知るようになりました。誰しも自分のことはかわいいものですが、 彼女たちは自分自身を受け入れられずに苦しんでいました。

傷ついた自尊心を取り戻すのは簡単なことではありません。でも、もし誰か他の人が、「彼女たちの存在を認識している」と、「彼女たちが知る」ことができたら。彼女たちが自尊心を回復させる過程で何か意味のあるものを作れないだろうか。そんな気持ちからこの本を作るに至りました。

撮影させてもらった女の子たちの中には、すでに自傷行為から抜け出し、元気に生活している人もいますが、抜け出すにはもう少し時間のかかりそうな人もいます。もしかしたら、少し上から目線に聞こえるかもしれませんが、彼女たちに

「あなたは大切な存在ですよ」

と感じてもらうことができたら、と考えています。

– 目的 –

この写真集は 6 冊あります。撮影させてもらった彼女たちの人数分です。本の後半は白紙です。この本を借りてくださった方に、短くても構いませんので、何か書いて頂ければ嬉しく思います。写真の感想でも、彼女たちへのメッセージでも、どんなことでも構いません。今まで本を借りてくれた人の中には、文章を書いてくれた人もいれば、絵を描いてくれたか人もいます。写真を貼り付けたり、刺繍をしてくれたり、それぞれの方がそれぞれの方法でメッセージを残してくれています。

当初は、この本を半年〜1年ほど貸し出し、後半の白紙が埋まったところで彼女たちに渡そうと考えていました。ただ、予想に反して多くの方が興味をもってくれ、この本が世界中を旅し始めてから2年半が経ってしまいました。ようやく海外で借りてくれる人も落ち着いてきたので、最後に日本で貸し出して、彼女たちの手元に届けるつもりです。

最終的には、書き込まれた本を元に、写真集を出版できたら、と考えています。手作りのプロジェクトですが、皆さんにご参加頂ければ大変ありがたく思います。

– 触れられるということ –

この写真集はすでに多くの国を旅してきました。本は人の手に触れられることで、それなりに汚れたりもしていると思います。もちろん丁寧に取り扱って頂ければありがたいのですが、人の手に触れたことがわかるということは、本を借りてくれた人たちが、彼女たちの写真を見て、彼女たちや本の存在を認識してくれているということなのではないかと考えます。彼女たちが最後に本を受け取った時に、多くの人が彼女たちの姿を認識したということがわかることが重要だと考えています。....

Kosuke Okahara on NHK World TV by Kosuke Okahara

....NHK World (Japanese TV station) made a 30 minutes documentary program while I was working on my long-term project on Fukushima.

Thanks to Keisuke Otuski, the director and Ryo Enami, the producer of the program.

..

NHK国際放送の『ライジング・アーティスト』という30分の人物ドキュメンタリーの密着取材を受けました。

ディレクターの大月さん、プロデューサーの江南さん、ありがとうございました。大月さんは東京、福島、パリ、カンボジアと何カ国もついてきて下さいました。普段は自分が撮る方なので、中々貴重な経験になりました。パリでコーディネーターを務めて頂いた土屋さんにも大変お世話になりました。....